男女の産み分けを7割程度成功させるゼリー状の液体

産み分けゼリーとは

産み分けゼリーとは

◆ 男女産み分けは可能なのか??

妊婦のおなか すでにお子さんがいる方でも、「もうひとり子どもが欲しい」と妊活をされている方がいることでしょう。
実は男女の産み分けに挑戦しているカップルの半数近くが、ふたりめの妊活の際に男女産み分けにチャレンジしているようです。
なぜふたりめで男女産み分けにチャレンジするのか?そして男女産み分けは可能なのか?
まとめてみました。

産み分けたい理由と安全な方法

◆ 理想の家庭像とは

ハローベビー潤滑ゼリートップイメージ 「一姫二太郎」とは日本に昔から伝わるものですね。
一番目が女の子だとしっかりして可愛がられ、二番目が男の子だとやんちゃでも優しい子に育つ、という考えがあります。
これは現代にもやはり受け継がれていて、一番目に女の子を産んだ家庭は二人目は男の子を望むようです。
ですが一番目と二番目が逆転していても、どちらの性別も欲しい、と思うのが一般的な意見のようです。
一番目が男の子ならば二番目は女の子が欲しい、と思うようですね。

その理由としては、母親なら女の子と、父親なら男の子と共有したい世界があるからのようです。
母親ならば女の子と一緒に買い物に行ったりお茶を飲んだり、と女性の楽しみを共有したいという気持ちがあります。
また料理を一緒につくる、恋人の話を聞く、などの女の子ならではの楽しみを味わいたいというお母さんも多いようです。
一方父親には、自分がしてもらったように子どもとキャッチボールがしたい!などの夢があるようです。
息子と男同士の話をしたり、息子の成長を見るのが楽しみなようです。

ですが面白いことに、母親は息子を、父親は娘を溺愛する傾向にあります。
自分と共有できるものを持つ同姓の子どもを求めつつ、自分にないものを持つ異性の子どもを可愛がる、そんな心理があるのかもしれません。
そういた意味でも、男女どちらの子どももいる家庭はバランスが良いといわれるのでしょう。

子どもは2人、と考えていたり、出産適齢期のうちに産みたい!と考えている家庭にとっては、次産まれてくる子がどちらの性別か、というのは特に大切な問題です。
そのため、どちらの性別が生まれてきても可愛がる気持ちではいても、やはり男女産み分けに挑戦してみたい!と考えるのです。

◆ 安全な男女産み分け方法とは?

産婦人科医で男女産み分けを相談すると、どんな方法がアドバイスされるでしょうか?
まずはタイミング法がアドバイスされるでしょう。
排卵日を計算し、精子の寿命などを計算しつつタイミングを計る方法です。

その次に、男の子を望むならば「リンカル」が処方されるかもしれません。
「リンカル」とは「リン酸カルシウム」の略です。
もとは栄養補助食品としてサプリメントなどに使用されていたのですが、その妊娠への影響が注目され今は男女産み分けのために使われることが多くなりました。
リンカルはカルシウムなので、体への悪影響は特にありません。
ですがこのリンカルを服用していると、8割り近い確立で男の子を妊娠するというのです。
そのため産婦人科医でも、男の子を希望する方にはリンカルを処方する事が多いようです。

そして産婦人科医が勧める安心な男女産み分け方法として、「産み分けゼリー」の使用があります。
「産み分けゼリー」とは何でしょうか?

成功率は7割程度

◆ 「産み分けゼリー」の男女産み分けへの効果とは?

「産み分けゼリー」は男女の産み分けを7割程度成功させるアイテムです。
これはゼリー状の液体を膣内に注入することで、膣内の環境を人工的に整えて受精をコントロールするものです。
受精をコントロールするといっても行うのはゼリーの注入だけで、あとは自然の妊娠力に任されています。
このゼリーの注入によりなぜ男女の産み分けが可能になるか?それには精子の持つ性質が関係しています。

妊娠は精子が卵子と出会い受精し、子宮内に着床することで起こります。
この受精の瞬間には大量の精子が卵子をめがけて泳いでくるわけですが、卵子のなかに飛び込むことができるのは一匹だけです。
このとき何の染色体をもつ精子が卵子のなかに飛び込むか、それにより性別が決まるのです。
女の子の性別になるのは「X染色体」を持つ精子が飛び込んだ場合です。
反対に「Y染色体」をもつ精子が飛び込んだ場合には、受精卵は男の子になります。

この受精が行われる際に、どちらかの精子が優位な状況を作りこむことができれば、男女の産み分けは可能になります。
つまり女の子が欲しければ「X染色体」が有利な状況をつくることでその精子が活発になり、卵子に飛び込むまでをサポートすることができるのです。「Y染色体」の精子についてもも同じです。
それを可能にするのが、産み分けゼリーです。
「X染色体」を持つ精子は酸性に強いので、女の子が欲しければ酸性のゼリーを使います。
「Y染色体」を持つ精子はアルカリ性に強いので、男の子が欲しければアルカリ性のゼリーを使います。

産み分けゼリーは産婦人科医も勧める安全なアイテムです。
特に「ハローベビーガール」と「ハローベビーボーイ」は国産で安全なのでおすすめです。
産婦人科医への相談のもと、男女産み分けに踏み切ってみてはいかがですか?

ハローベビー潤滑ゼリー公式オンラインショップ